教室から気を散らす要因を排除
教室から気を散らす要因を排除
教室内で使用される技術は、気を散らす多くの要因をもたらします。Faronics Insightでは、そういった気を散らす要因を取り除くことができます。教師はモニターに時間を費やすのではなく、教室をコントロールし、一番大切なことである授業に集中することができます。

学生の達成度につながる技術
学生の達成度につながる技術
Faronics Insightを使うと、教師は1台のコンピュータから、教室の学生全員に授業を行い、学生の様子をモニターして、学生とコミュニケーションが取れます。

Insightにより、ITを利用しやすい教室管理
コンピュータを使った学習環境の管理はIT担当者にとって非常に骨の折れる仕事でした。

これからは手間がかかりません!Insightに追加された新しいTech Consoleのおかげで、IT担当者は少ない手間でより多くのことが成し遂げられます。
Insightにより、ITを利用しやすい教室管理

クロスプラットフォームのサポート
Faronics Insightは、Windows、Mac、Chromebook、Linux、iOS、Androidなどのオペレーティングシステムおよびデバイスに対応しています。教師のコンピュータはWindowsまたはMacのいずれでも可能で、サポートされたさまざまなオペレーティングシステムを使用する学生のコンピュータを管理できます。

Insight Cross Platform Support
Insight support Windows versions

Windows

– Windows 10 (32ビット/ 64ビット)
– Windows 8.1 (32ビット/ 64ビット)
– Windows 7 (32ビット/ 64ビット)
– Windows Vista (32ビット/ 64ビット)
– Windows XP (32ビット/ 64ビット)
– Windows 2008 Terminal Server
– Windows MultiPoint Server

ハードウェア
– 512 MBのRAM
– プロセッサ: 166 Mhz Intel Pentium

Insight support Mac versions

Mac

– Mac OS X v10.11 (El Capitan)
– Mac OS X v10.10 (Yosemite)
– Mac OS X v10.9 (Mavericks)
– Mac OS X v10.8 (Mountain Lion)
– Mac OS X v10.7 (Lion)

ハードウェア
– 512 MBのRAM
– プロセッサ: 64ビットIntelベースのMac

Insight support iOS versions

iOS

Apple iPad、iPod、iPhone
– iOS 9
– iOS 8
– iOS 7

Insight support Andriod versions

Android

– Android 6.0 (Marshmallow)
– Android 5.1 (Lollipop)
– Android 4.4 (Kit-Kat)
– Android 4.3 (Jelly Bean)
– Android 4.0 (Ice Cream Sandwich)

Insight support Chromebook versions

Chromebook

– Chrome OS v33以降

ハードウェア
– プロセッサ: IntelおよびARMベース

Insight support other versions

その他のプラットフォーム

Linux Ubuntu
– Ubuntu v11 (32ビット/64ビット)
– Ubuntu v12 (32ビット/64ビット)

NComputing
– LおよびMシリーズ
– Xシリーズ
– Uシリーズ

言語

英語 フランス語 ドイツ語 スペイン語 ポルトガル語 中国語 日本語
Windows Teacher Console/td>

Windows Student
Windows Multipoint Server
Windows Terminal Server
Mac Teacher Console
Mac Student
Tech Console
Linux Student
iOS Teacher Assistant
iOS Student
Android Student

技術的な利点

少ないネットワーク帯域幅

Insightに必要な帯域幅は、競合製品が使用する帯域幅の5%から20%です。教師の画面を表示している間、Insightでは約24 KB/秒が使用されます。サムネイルのモニターに必要なのは10 KB/秒未満です。Insightではブロードキャストまたはマルチキャストパケットを使用するため、2台のコンピュータを制御するために必要な帯域幅は、250台のコンピュータに必要な帯域幅に近いものです。他の製品の帯域幅要件は、モニターするコンピュータが1台増えるたびに増加します。

信頼性

Insightはソフトウェアを無効にして学生が授業の邪魔をすることを防ぎます。ネットワークが切断され、サービスが自動的に再開し、レジストリーキーが変更されないよう保護されると、学生はセッションに戻ることができます。競合製品は知識のある学生により数分で無効にされます。

セキュリティ

学生が許可なくTeacher Consoleを使用しているという疑いがある場合、セキュリティモニターツールで素早くその学生を特定できます。すべてのInsightアクティビティがログファイルに記録されます。「セキュア」バージョンのInsightもあり、そのバージョンでは教師がコンソールを開くときにパスワードが求められます。

サブネットおよびVLANとの動作

Insightはマルチキャストおよびディレクテッドブロードキャスト技術を使って、サブネットとVLANで動作します。ポート796が必要な唯一のポートです。

少ないプロセッサとメモリー要件/strong>

Insightに必要なのは、クライアントのプロセッサの約4%および約8 MBのメモリーのみです。

優れたサポートポリシー

Insightでは無料の電話サポートと電子メールサポートを受けられます。