アカウントログイン
現代のサイバー攻撃にどう対応するか

現代のサイバー攻撃にどう対応するか

新しいテクノロジーと聞くと、私たちはそれが私たちの生活をより良くしてくれる部分に注目しがちです。人工知能(AI)に関するニュースは、確かにポジティブな傾向にあります。2023年末頃、世界中の株式市場は、投資家がその変革の可能性を理解し始めたため、大きく値を伸ばし始めました。

残念ながら、テクノロジーが進歩するたびに、悪質な行為者に新たな機会がもたらされます。エンドポイントセキュリティ対策が真に意味のある保護を提供するためには、常に適応する必要があります。

近年、サイバー脅威の量が急増し、その性質は変化していますが、これは主に人工知能の台頭によるものです。人工知能はいくつかの方法でサイバー犯罪者を支援しています:

自動化された攻撃

AIは、脆弱性のスキャン、攻撃の開始、システム侵入のプロセスを自動化するために使用することが可能です。これにより、サイバー犯罪者はより速いペースで、より効率的に攻撃を実行することができます。

適応的な脅威

AIを搭載したマルウェアは、標的の防御機能に基づいて挙動を適応させることができるため、検知や軽減がより困難となります。このような適応型の脅威は、時間とともに学習し進化するため、従来のセキュリティ対策では特に対処が難しくなります。

ソーシャル・エンジニアリング

AIはソーシャルメディア、電子メール、その他のソースから膨大な量のデータを分析し、高度にターゲット化された説得力のあるフィッシング攻撃を作成することができます。AIを駆使したソーシャル・エンジニアリング攻撃は、ターゲットの連絡先の文体や行動を模倣することで、情報に精通しているユーザーをも騙して機密情報を漏らしたり、悪意のあるリンクをクリックさせることができます。

データ操作とディープフェイク

ディープラーニング(深層学習)などのAI技術を使えば、画像や動画、音声をこれまでにないリアルさで操作をすることができます。サイバー犯罪者はこれを悪用し、誤報の拡散、詐欺行為、個人や組織の評判を傷つけるために、説得力のある偽コンテンツを作成することができます。

検知システムの回避

AIは、ウイルス対策ソフトや侵入検知システムといった従来のセキュリティ対策を回避する高度な回避技術を開発するために利用できます。セキュリティ・システムの反応に基づいて常に戦術を進化させることで、AIを活用した攻撃はより長い期間、検知されずにいることができます。

偵察の強化

AIは膨大な量のデータを分析し、ネットワークのトポロジー、ソフトウェアの脆弱性、従業員の行動など、潜在的なターゲットに関するインテリジェンスを収集することができます。この情報は、よりターゲットを絞った効果的な攻撃を仕掛けるために利用でき、サイバー犯罪者の成功の可能性を高めまあす。

変化するサイバー防衛

従来のウイルス対策ソフトウェアが、1つの建物内のネットワークで、あらゆる機械を保護するのに十分だった時代は終わりました。AIの台頭により、サイバーセキュリティ戦略のパラダイムシフトが必要となっています。

大企業政府機関に影響を与えたような大規模なデータ漏洩は、エンドポイントセキュリティ対策の重要性を浮き彫りにしています。注目を集めたインシデントにより、従来のセキュリティ・アプローチから生じる脆弱性が実証され、組織はエンドポイントを保護するためのより強固なソリューションを求めるようになりました。

変化を促す技術開発

エンドポイントセキュリティの進化には、AIだけでなくいくつかの技術的進歩が寄与しています。クラウドコンピューティング、モノのインターネット(IoT)の普及、リモートワークの広範な導入により、攻撃対象が拡大し、組織が安全な環境を維持することが困難になっています。従業員がさまざまな場所やデバイスから企業ネットワークにアクセスするようになり、適応性の高い包括的なエンドポイント・セキュリティ・ソリューションの必要性がますます高まっています。

ITチームが脅威を防止するだけでなく、リアルタイムで検知し対応することの重要性を認識するにつれ、エンドポイント検知・対応ソリューションが注目を集めています。

Faronicsは、このエンドポイントセキュリティの進化する状況に適応する最前線にいます。Faronicsは、積極的かつ弾力的な対応の必要性を認識し、ほとんどの企業が直面する現代の課題に対応する一連の製品を開発しました。

Deep Freeze:脅威からエンドポイントを守る

Deep FreezeFaronicsの主力サービスのひとつであるこのサービスは、エンドポイントセキュリティを大きく変えるものであることが証明されています。ファイルを暗号化し、システムを麻痺させるランサムウェア攻撃を前に、ディープフリーズはユニークなアプローチをとっていますこれによりIT管理者は、再起動のたびにエンドポイントを定義済みの原始的な状態に戻し、悪意のある攻撃者による変更を効果的に排除することができます。

Deep Freezeは、不正な改変に対する侵入不可能なバリアを提供することで、サイバー攻撃が成功した場合でもエンドポイントの安全性を確保します。これは、ダウンタイムと事故復旧のコストを最小限に抑えながら、データ損失を防ぐという点で、影響を受ける業界をサポートするものです。

容易なパッチ管理

Deep FreezeFaronics Cloud傘下のサービスのひとつに過ぎず、自動パッチ管理も提供しています。マイクロソフトは、既知の脅威からウィンドウズ・ユーザーを守り続けるという大仕事を担っています。セキュリティ・パッチを発行するということは、それなりの理由があるからなのです。Faronics Cloudを使用すれば、すべてのデバイスにパッチを適用するのに時間がかかることはありません。サードパーティ製アプリのアップデートも同様ですl。何も考えずに、やり遂げることができます。手間いらず。ダウンタイムもなし。

Faronics Cloudは、オペレーティング・システムとアプリケーションの両方のアップデートに加えて、管理者にエンドポイントのアクティビティをリアルタイムで可視化し、脅威行為者が最近の抜け穴を悪用する機会を制限します。概要ダッシュボードからの洞察を利用し、システムを最新の状態に保つことで、組織は、最も分散した従業員であっても、ユーザーの行動を容易に監視・管理することができます。そうすることで、コンプライアンスの確保と潜在的な脅威の特定がより管理しやすくなり、露出の多い業界の企業に安心感を与えることができます。

エンドポイント・セキュリティの未来を受け入れる

ここ数年のエンドポイントセキュリティの技術的進化を振り返ると、現代のサイバー脅威に対処するには、プロアクティブで適応力のあるアプローチが不可欠であることがわかります。Faronicsは、革新へのコミットメントと絶えず変化する脅威の状況を理解することで、あらゆる規模や業種の企業に堅牢なエンドポイント・セキュリティ・ソリューションを提供するリーダーとなっています。

手作業や当て推量から Faronics Cloud のような洗練されたエンドポイント管理ツールへの移行は、組織がレジリエンスと備えを維持するために必要な、今日の状況が求める変化です。Faronics Cloudなら、エンドポイントのセキュリティやデータ漏洩を心配することなく、将来の技術トレンドを取り入れることができます。サイバー脅威が進化を続ける中、Faronicsも進化を続けています。私たちは、皆様の組織がサイバーセキュリティの戦いにおいて一歩先んじることができるよう、引き続き尽力してまいります。

詳細については、Youtubeに投稿されたウェビナーをご覧ください。

作者
Avatar photo

トム・ガイ

10年間ソフトウェアエンジニアとして働き、現在イギリスに滞在しながら、Faronicsのプロダクトチームに所属。テクノロジーに携わっていない時は、エヴァートンの試合を見たり、ゴールデンレトリバーのエリックとお散歩しています。

連絡先