アカウントログイン
ハードウェアはオフィスにあるが、社員は在宅勤務という今の環境に対応する最適なソリューションとは。

ハードウェアはオフィスにあるが、社員は在宅勤務という今の環境に対応する最適なソリューションとは。

在宅勤務が主流になって1年あまり、世界中のビジネスアナリストが物理的オフィスの終焉を予言しているように、多くの企業が費用のかかる社屋やオフィスが不要であると感じています。こうした予言は近い将来おそらく現実になるでしょう。ですが、次の賃貸契約交渉が完了するまでの現在の移行段階には、いくつかの問題が存在しています。 

特にITマネージャーにとっては、これらは深刻な問題です。重要なハードウェアの大半はオフィスにあって稼働しておらず、社員は自宅から自分のデバイスを使って仕事をするという、この不安定な環境に横たわる問題の調整は、彼らが抱える大きな課題です。スムーズな作業環境を実現するために最新のマシンを全員に展開するか否か?展開するならリモートかハイブリットか?容易に答えが見つからないことにもフラストレーションを感じているでしょう。

この問題に対処するひとつの方法は、サブスクリプションベースのクラウドデスクトップをすべての社員に展開することです。これなら場所やデバイスを問わずWindowsデスクトップにアクセスできます。ですが、これは非常にコストがかかる試みであり、常に必要というわけでもありません。

これを解決するワークステーション管理ソリューションが、ソフトウェアを自動的に更新するSoftware Updater、カスタマイズされたイメージングなど多数の機能を備えたFaronics Deployです。RDPやVNC経由でユーザーのデスクトップにリモート接続する機能を含め、ITマネージャーの業務をあらゆる方面からサポートします。クラウドベースのデスクトップを購入するのではなく、リモート機能を活用する方が、現在の状況により安価かつ容易に対応できることを実感している賢明な企業もすでに存在します。

Faronics Deployには、ユーザープロファイルを設定する際の非常に詳細なオプションが用意されています。通常、お客様はソフトウェアにマンチェスターとフランクフルトのオフィスなど、物理的なロケーションに対応するサイトを設定します。次に、各ロケーションのIT管理者を任命し、適切な担当者がロケーションに応じて適切な作業ができるよう適切な権限を付与します。また、現在の状況において可能であり直接的な解決方法としては、オフィスワーカーがIT管理者の役割を担い、自分の作業環境を1つのサイトとして設定し、ユーザーにそのサイトへのリモートコントロールアクセスを許可することです。 

この方法なら、リモートワーカーをオフィスにある単一の中央デバイスに安全にロックすることができます。リモートワーカーは場所を問わず、あらゆる他のデバイスからアクセスして、これをメインの作業用コンピューターとして使用できます。つまり、クラウドデスクトップアクセスのみを提供する高価なソフトウェアではなく、より多くの作業が可能なソフトウェアのほんの一部を使用するという、非常にコスト効率に優れた方法で問題が解決できます。

Faronicsによるリモートワークのサポート方法の詳細については、当社が開催しているウェビナーでご紹介しています。ぜひご参加ください。

作者

Mehdi Mebarki

30日間の試用版にサインアップ

BOXAE

Deep Freeze Enterprise

Centralized deployment and management as well as a host of configuration options for the Enterprise.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
連絡先