Deep Freeze Standard Release Notes

バージョン8.61.020.5611 (2020年6月26日)

Deep Freezeの新機能

  • 最新のBoot Campをサポート
    Deep FreezeがサポートするBoot Campバージョンがv6.1.7748以降となりました。

修正

30011 仮想マシンにインストールされているシステムがDeep Freezeで保護状態にならない問題を解決しました。

28916 FSLogixプロファイルコンテナを使用すると保護状態に設定されているコンピュータがクラッシュするという問題を解決しました。

28687 Deep Freezeドライバと実行ファイルのSHA-1署名が冗長化するという問題を解決しました。

28660 Boot CampでWindowsを実行しているMacコンピュータにDeep FreezeをインストールするとBSODが発生する問題を解決しました。

28458 Deep Freeze Surface Pro Xのインストール時のBSODの問題を解決しました。

27940 Deep Freezeを実行中のシステムにOWC ThunderBladeドライブを接続すると、ワークステーションがブルースクリーンになるという問題を解決しました。

27465 Deep Freezeを実行すると、Boot CampでWindowsを実行しているMacコンピュータでWindows 10が反応しなくなるという問題を解決しました。

Cloud Connectorの新機能

  • WSUSサーバーの更新
    Windows Updateタスクの実行中にステータスをWSUSサーバーに強制更新するメカニズムを実装しました。

Deep Freeze Standard Cloud ConnectorでのWindows Updateに関する問題を解決しました

30244 Deep Freeze Windows UpdateタスクでWindows 10の機能更新がインストールされない問題を解決しました。

30033 Deep FreezeワークステーションのWindows UpdateのステータスがWSUSに更新されない問題を解決しました。

29950 利用可能な設定の編集時およびWindows Updatesのオプション切り替え時に「OK」ボタンがグレーアウトされた状態のままであるという問題を解決しました。

28999 コンピュータが保護状態に設定されているのにWindows Updatesが実行される問題を解決しました。

28997 Enterpriseコンソールに接続されている保護状態/非保護状態のコンピュータについて、Cloudコンソールがステータスを更新しない問題を解決しました。

28939 Deep Freezeの週単位のワークステーションタスクが深夜12時を超えると中断される問題を解決しました。

26325 イベントログフォルダをマウントできないと、Deep Freezeインストーラーに間違った通知が表示される問題を解決しました。(ケース番号:KOX-815-70072)

既知の問題

11387 NTFSストレージスペースがサポートされていません。NTFSストレージスペースがあるコンピュータ(Windows 8以上)で再起動を実行すると、BSODが発生します。

11425 保護状態でワークステーションが再起動するたびに、お知らせが「新規」として表示されます。

11496 StorageSpaceでホストされるべき非保護スペースがあるワークステーションがサイレントインストールされる際、DFInstall.logファイルにはエラーエントリがありません。

12611 64ビットシステムの場合、Deep Freezeのインストール中に、非保護スペース設定ページのドロップダウンリストにネットワークドライブがリストされることはありません。

16560 ネットワークカードが有効化されていないコンピュータをアクティベートできません。

18513 ユーザーのログイン名に全角文字が含まれる場合、Deep Freezeワークステーションのインストールに失敗します。(ケース番号:OWZ-638-83495)

20074 ワークステーションにDeep Freezeをインストールすると、状況によっては保護状態でのログインに時間がかかるようになります。

21171 Deep Freezeのインストール後、Windowsアプリケーションストアからアプリをインストールできません。回避策として、Windows Updateサービスを有効にします。

21238 NVMeベースのSSDドライブを搭載したシステム上でBoot CampでDeep Freezeを実行すると、ブルースクリーン状態になります。

21568 Deep Freezeがインストールされている場合、Dellのフルディスク暗号化ソフトウェアに問題が発生します。この問題については、ナレッジベースを参照してください

22238 Imationのデバイスが接続されているとWindows OSが起動しない問題を解決しました。

22254 Windows 10 Fall Creators Updateでのアップグレード後に、Deep Freezeが自動修復画面を表示します。

22504 Deep FreezeがHyper-V Gen 2上のシステムを保護しません。

22709 Windows 10を実行しているワークステーションでは、デバイスが保護状態にある場合にログイン所要時間が長くなります。

24415 状況によっては24415 Deep Freezeワークステーションが起動しない場合があります。

25020 保護モードでArsenal Image Mounterソフトウェアを使用してバーチャルディスクイメージをロードすると、システムがクラッシュします。

25585 Intel Compute StickデバイスでDeep Freezeワークステーションを非保護状態にできません。

26689 ワークステーションの日付が20年以上先に設定されている場合、ワークステーションは期限切れです。

26727 コンピュータにログインすると、FRZSTATE2kに外部例外のエラーが出ます。

26819 Deep Freezeを実行すると、Boot CampでWindowsを実行しているMacコンピュータでWindows 10が反応しなくなります。

26892 Deep Freezeをインストールしていると、VIAwareの実行中にエラーが発生します。

27973 Deep Freeze Enterprise 8.57を実行すると、一部の設定でBSODが発生します。

28484 Windows 10:Deep Freezeが保護状態のときはワークステーションがランダムに応答しなくなります。

28494 保護状態になっていると、最新のDeep Freezeを実行している仮想ハードディスク(VHD)では再起動時のデータ復元が行われません。

28944 Windows 10:システムが保護状態のときはコンピュータの読み込み速度が遅くなります。

28946 Absolute CompuTrace SoftwareでロックされているコンピュータはDeep Freezeによって、再起動ループに陥ってしまうことがあります。

29842 Deep Freezeを実行しているシステムはVirtualization Based Securityが有効化されていると起動しません。

30015 Deep FreezeのアンインストールでREAgentCシステムファイルが適切な場所に返されません。

30134 Deep FreezeをWindows 10 2004システムにインストールすると、OneDriveエラーが表示されます。

30308 リリースされた機能をインストール後、Deep Freezeメンテナンス中に[ユーザー設定]画面が表示されます。

 

バージョン8.60.020.5592 (2020年1月17日)

サポート終了

  • Windows XPのサポート終了
    Deep Freezeが最新技術を今後も活用できるよう、Faronicsはこのバージョンをもって、Windows XPに対するDeep Freezeのサポートを正式に終了します。Microsoftは、Windows XPは2014年4月8日をもって正式にサポートを終了しています。

Cloud Connectorの機能強化 (サブスクリプションが必要です)

Deep Freeze Standardライセンスを使用してwww.deepfreeze.comでDeep Freeze Cloudに接続している顧客向けに次の機能強化が行われました。

  • 全Windows Updateのインストール
    重要な更新、セキュリティ更新、機能の更新に加え、MicrosoftのWindows Updateのダウンロード時に(WSUSではなく)すべての更新プログラムをインストールできます。

修正

25400 Deep Freezeワークステーションに特定のソフトウェア(PUBGやFortnite、Easy Anti-Cheat、BattlEyeなど)をインストールすると、システムがクラッシュするという問題を解決しました。

26287 保護状態から起動すると、高度な起動オプションを使用できる問題を解決しました。

26731 クライアントマシンにDeep Freezeをインストールした後、ログオンできない問題を解決しました。

 

バージョン8.57.020.5544 (2019年6月6日)

修正

26282 Windows UpdateがWindows Updateの作業中に、WSUSから承認済みの全アップデートをインストールしなかった問題を解決しました。(ケース番号:NWC-473-23257)

 

バージョン8.56.020.5542 (2019年3月20日)

修正

14289 Advanced Format(4K)技術を採用し、NVMeドライブ搭載コンピュータへのDeep Freezeインストール後にシステムが起動しなくなる問題を解決しました。(これらのドライブは、主に最近のMacコンピュータで利用されています)。(ケース番号:VAS-893-64477)

20567 Windows 10の最新バージョンで、Deep Freezeに対して[Windows Updateのキャッシュ]オプションが選択されている場合にWindows Updateのダウンロードに失敗する問題を解決しました。(ケース番号:TVW-834-44465)

23893 Windows 10の機能更新のインストールに失敗するとDeep FreezeワークステーションでWindows Updateを完了できない問題を解決しました。(ケース番号:SHW-308-32156, BNA-931-26907)

23938 キーボードやマウスがロックされているとDeep Freezeタスクを終了できないことがある問題を解決しました。(ケース番号:KZH-397-82588)

25110 サードパーティソフトウェアやWindowsのアップグレードによりシステム設定が変更されたことが原因で、Deep Freezeワークステーションがリカバリ画面で起動する問題を解決しました。(ケース番号:EMO-786-68958)

25630 Deep Freezeワークステーションのインストール中に生じるiSCSIターゲットへの接続問題を解決しました。(ケース番号:KQH-777-87287)

 

バージョン8.55.020.5505 (2018年11月16日)

修正

23667 状況によっては再起動の際に、エラー(DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)が表示されるという問題を解決しました。(ケース番号:JBQ-785-64557)

23910 Deep Freezeワークステーションが、すでに有効化されたマシン上でアクティベーション猶予期間切れというメッセージを表示していた問題を解決しました。(ケース番号:DKM-196-65962, VLU-618-32697, BYD-550-11633)

24292 Windows 10バージョン1803:コア分離設定でメモリ整合性を有効化すると、Deep Freezeワークステーションが起動できない問題を解決しました。(ケース番号:FXX-297-69839)

 

バージョン8.53.020.5458 (2018年5月18日)

修正

11695 Deep Freezeを実行しているワークステーションがUSB 3ストレージデバイスをドライブとしてマウントしないという問題を解決しました。(ケース番号:PPB-766-23628)

12875 FarSpaceドライバがEnterpriseまたはCloudエディションに属する場合に、Deep Freeze Standardで作成された非保護スペースが保護状態に見えるという問題を解決しました。

13731 5TB外部ドライブが保護状態のとき、ワークステーションがこれにアクセスできないという問題を解決しました。

13827 保留中のWindows Updateの構成をDeep Freezeが完了せず、場合によりコンピュータの再起動ループが発生するという問題を解決しました。

13842 eMMCドライブを備えたシステムへのDeep Freezeのインストールに関する問題を解決しました。(ケース番号:WKO-921-76972、PCL-402-38865、WKO-921-76972、WBU-981-32808、HCK-877-61202、WZO-787-28402)

14039 4TB以上のドライブを備えたシステムで、Deep Freezeがブルースクリーン(BSoD)を発生させるという問題を解決しました。  (ケース番号:YAF-375-97861)

14777 Windows 8または10を実行しているワークステーションで、Deep Freezeのインストール時にシステム障害イベントの記録動作が無効化されるという問題を解決しました。

22635 システムの起動時にDFServ.EXEアプリケーションが起動しないという問題を解決しました。(ケース番号:WLV-318-67495)

22644 BitDefender Anti-Virusがインストールされた際にBSoDが発生するという問題を解決しました。(ケース番号:RLB-899-86439)

 

バージョン8.38.020.467620171016日)

修正

20696 ディスクまたはシステムファイルの破損によりコンピュータがクラッシュするという問題を解決しました。  (ケース番号:ALT-616-417497、VUF-172-46840、KJI-659-28909、HDE-666-74734)

 

バージョン8.37.020.46742017328日)

新機能

  • Windows 10 Anniversary Updateに対応。
  • 改良によりAdvanced Format(AF)4kセクターのハードドライブでのシステム起動にかかる時間を短縮(起動速度が最大2倍)。

Windows 10 Anniversary Editionに関する修正

17880 ワークステーションがメンテナンス期間を終了しないという問題を解決しました。これは、一貫性なくランダムに発生していた動作です。

18458 ワークステーションに異常なCPU使用率が表示されるという、一部で発生していた問題を解決しました。

Deep Freeze Standard Cloud ConnectorでのWindows Updateに関する問題を解決しました

14956 システム起動時のリカバリ画面に伴う問題を解決しました。

17579 ランダムなBSODに伴う問題を解決しました。Windows 10 Anniversary Updateによりシステムに追加ドライバが導入され、これらのドライバが原因で、当社製のドライバがStorageSpaceまたはThawSpaceに対する一部のリクエストに正しく応答できなくなっていました。

17893 Deep Freezeに割り当てられた5GBを超えるスペースおよびキャッシュスペースを必要とする一部の累積的なアップデートにおいて、Windows Updateが失敗する問題を解決しました。この状況に対処するため、バージョン8.35では10GBのキャッシュが割り当てられます。サイズを拡張するには、設定で[Windows Updateのキャッシュ]オプションを無効化して再起動し、このオプションを再び有効化します。

18199 システムのシャットダウンが妨げられる問題を解決しました。

その他の修正

7005 SATAハードディスクドライブを搭載したシステムに伴う性能上の問題を解決しました。

9868 Deep Freezeが原因で性能に問題が生じ起動速度が低下する問題を解決しました。(ケース番号:YFD-286-49939、SBD-399-96597、QVG-187-15034、WII-538-57096)

12874 インストーラが既存のFarSpace/Fardiskドライバを最新バージョンにアップグレードしないという問題を解決しました。

14956 Windows 8.1システムにおいて起動後にスタートアップリカバリプロセスが開始する問題を解決しました。(ケース番号:KSV-531-33912、OTA-665-89816)

16470 Deep Freezeクライアントのアクティベーションステータスがランダムに失われ、「保留中のアクティベート」として表示される問題を解決しました。(ケース番号:KGV-296-44501、MOE-872-61066、JEC-971-36370)

17503 Deep Freezeのインストール時にアクセス違反のメッセージが表示されるという、Windows Updateに伴う問題を解決しました。(ケース番号:AQK-988-79352、EYB-819-89372、GGH-600-27901、QUU-689-69833)

17522 Deep Freezeをインストールすると、特定の種類のフラッシュドライブが正しくマウントされないという問題を解決しました。(ケース番号:IRS-476-30866)

17558 Deep Freezeが原因でWindowsが起動しないという問題を解決しました。(ケース番号:QHJ-805-27395)

17880 ワークステーションがメンテナンス期間を終了しないという問題を解決しました。これは、一貫性なくなくランダムに発生していた動作です。

18458 ワークステーションに異常なCPU使用率が表示されるという、一部で発生していた問題を解決しました。