Deep Freeze Mac –製品仕様

Version 7.2 (APFS)

システム要件
Deep Freeze Mac はmacOS High Sierra 10.13.5、macOS Mojave 10.14、macOS Catalina 10.15 をサポートします。ARD統合機能にはApple Remote Desktopのバージョン3.2以降が必要です。ハードウェア要件についてはホストOSの推奨要件と同じです。

 

Version 6.2 (HFS +)

システム要件
Deep Freeze Mac はMac OS X Mavericks 10.9、 Yosemite 10.10、El Capitan 10.11、macOS Sierra 10.12、High Sierra 10.13をサポートします。ARD統合機能にはApple Remote Desktopのバージョン3.2以降が必要です。ハードウェア要件についてはホストOSの推奨要件と同じです。


絶対的保護機能

  • 再起動時のワークステーションの完全なリカバリを保証
  • パスワード保護と完全なセキュリティを提供
  • 複数のハードディスクとパーティションを保護

コンフィギュレーションオプション

  • マルチブート環境をサポート(6.2 のみ)
  • ユーザ名とパスワードをカスタマイズ (6.2 のみ)
  • Deep Freezeパスワードを有効にする(7.0以上)
  • メニューバーへのDeep Freezeアイコンの表示/非表示を選択
  • ハードディスクアイコンとDeep Freezeマークの同時表示/非表示を選択(6.2 のみ)

コントロールと柔軟性

  • ThawSpace(非保護スペース)を使ってグローバルもしくはユーザに特化したデータ保持スペースを指定
  • ユーザ専用のThawSpaces(非保護スペース)が不正アクセスを阻止
  • サイズ変更が可能なThawSpaces(6.2のみ)
  • ダイナミックにリサイズ可能なThawSpaces(7.1以上)
  • 固定ドライブ、ボリューム、パーティションの保護や非保護が選択可能
  • コンピュータをグローバルに保護・非保護
  • ほかのDeep Freeze Controllersとコンフィギュレーションファイルの読み書きが可能(6.2 のみ)
  • ニーズに応じて予め設定したオプションを使って、カスタマイズされたインストールパッケージを作成(6.2のみ)
  • 複数のメンテナンス期間をスケジューリングして継続的に行われるAppleのソフトウェアアップデートを自動的に停止
  • グローバル/インディビジュアルThawSpace(非保護スペース)の追加、削除、もしくはリサイズがThawSpaceタブから可能
    (6.2では非保護スペースを希望のサイズに変更することか可能)
  • 1MBから120GBまでのサイズのThawSpace(非保護スペース)作成(6.2 のみ)
  • Deep Freeze Macはその中のすべての仮想マシンも含めてMacパーティション全体を保護
  • Deep Freeze for WindowsはParallels、VMWare、Boot Camp、およびVirtual PCの各環境の保護に対応

ユーザデータの保持

  • アカウント全体もしくはユーザアカウントの特定の一部、サブパーティション、あるいはThawSpaceからマッピングを選択(6.2 のみ)
  • アカウントタイプはAdmin、Standard、およびMobileを含む

統合と互換性

  • Apple Remote Desktop(ARD)の統合によりエンタープライズスタイルの機能を獲得
  • Deep Freeze TasksをインストールしてARDコンソールでDeep Freezeを全体的にコントロール
  • LDAP、Active Directory、およびOpen Directoryの各アカウントを無制限に使用

Deep Freeze Remote(6.2 のみ)

  • Apple Remote Desktop(ARD)からDeep Freeze Macを展開して管理するためのDeep Freeze Remoteの補助的なコンソール
  • Deep Freeze マシンのFreeze(保護)、Thaw(非保護)、ウェイク、再起動、シャットダウン
  • 回数を指定してThaw モードで起動する
  • メンテナンス期間の更新
  • ライセンスキーの更新
  • Deep Freeze のインストール/アンインストール