再起動するたびに、コンピュータの100%のリカバリを保証

再起動することで、コンピュータを素早くリフレッシュ

日常のITメンテナンスタスクを自動化

1回のクリックでコンピュータをキオスクモードに変換

コンピュータのブラウザの制限を管理

 
あらゆるタイプの公共コンピュータを保護

あらゆるタイプのWindowsおよびMacデバイスを保護

単に再起動するだけで、トレーニングとデモのためのコンピュータをクリーンな状態にできます。

ロビーのコンピュータ

再起動するだけで、システムの変更を元に戻したり、複数の人がコンピュータを使用したことから生じる問題を解消できます。 /p>

キオスク

任意のコンピュータを安全なコンピュータキオスクに指定し、許可されたアプリケーションのみを実行することができます。

Surface BookとWindowsタブレット

コンピュータで希望する設定を固定し、再起動するだけで不要な変更を除去できるため、ITチケットの数を減少できます。

クラウドプラットフォーム。 包括的管理。

再起動するたびに、コンピュータの100%のリカバリを保証
Faronicsの特許取得済みの「再起動して復元」技術により、以下のことが可能です。
  • 希望の設定を固定し、再起動するだけで不要な変更を除去できるため、PCの設定の破損を防ぐことができます。
  • 再起動するたびに、ワークステーションの100%のリカバリを可能にします。ITチケットが平均で63%減少したことが利用者から報告されています。
  • IT担当者への些細な問題解決の依頼が減るため、担当者はより重要なタスクに集中できます。


時と場所を選ばずに、常にコンピュータをコントロール
ウェブベースのコンソールですべての場所を管理できます。
  • シンプルなウェブベースのコンソールで、すっきりした1つのダッシュボードを通じて、ステータスをモニターする管理機能などのクラウドの利点を提供します。
  • 公共のコンピュータのネットワークに人気製品を自動的にインストールし更新できます。
  • ソフトウェアの使用状況レポートを活用して、永久版、ノードベース、ユーザーベース、フリーウェアのそれぞれのタイプのライセンスのコンプライアンスを確かにできます。


1回のクリックで公共のコンピュータをキオスクモードに変換
1つのプラットフォームがITへの投資を最大限に高めます。
  • 1回のクリックでコンピュータをキオスクモードに変換することで、公共のコンピュータをより多目的にできます。
  • 特定のアプリケーションを起動時に開始し、アプリケーションからUSBポート、コンピュータ全体にいたるさまざまなものをロックできます。

動作環境    
特許取得済みの「再起動して復元」技術
100%のワークステーション可用性
オンサイトのITサポートに頼る必要がない
ウェブベースのコンソール
クラウドを介したソフトウェアの自動更新
ソフトウェアの資産管理
デスクトップのロック
アプリケーションコントロール
Windowsの更新のスケジュール
電源管理

特許取得済みの
「再起動して復元」
技術

特許取得番号:US7539828 B2
システムを制限することなく、安全性を保ち、スムーズに実行し続ける方法を模索しているIT管理者にとって、Faronics Deep Freezeは大変役に立つ強力な機能を備えています。

公共のコンピュータを徹底的に保護
Faronics Deep FreezeはITシステムに包括的な保護を提供します。
  • Deep Freezeはワークステーションの設定が破損されないようにします。
  • 再起動によりワークステーションの100%のリカバリを保証します。
  • パスワード保護機能と完全なセキュリティを提供します。
  • 複数のハードドライブおよびパーティションを保護します。
  • ワークステーションの逸脱とシステムの思いがけない誤設定を防ぎます。
  • すべてのワークステーションでソフトウェアのコンプライアンスを維持します。
  • 再起動するだけで、ワークステーションを無許可の変更から保護します。


コンピュータの安全維持と管理
Faronics Deep Freezeは、オペレーティングシステムの保護とマスターブートレコード(MBR)のルートキットの挿入からの保護など、強化セキュリティを備え、お使いのシステムの安全性を強力なものにします。
  • 無許可の管理者が、すべてのコンポーネントに固有のカスタマイズコードを使って、Deep Freezeを実行するコンピュータにアクセスしたりコントロールすることを防ぎます。
  • さまざなアクティベートと有効期限により、ワークステーション上またはコマンドラインコントロールで使用される複数のパスワードをプリセットできます。
  • 必要に応じて、または非保護期間中に、キーボードとマウス、さらにタッチスクリーンデバイスを無効にすることができます。
  • ブートコントロールウィンドウにより、ただちに再起動できます。
  • ステルスモードを使用すると、システムトレイのDeep Freezeアイコンが非表示になります。

すべてのエンドポイントの集中管理
Enterprise ConsoleまたはCore Consoleを使った集中管理機能により、Deep Freezeの展開、設定、管理が容易に行えます。
  • Active Directoryからグループのインポートまたは高度な自動化フィルタを使って、グループやサブグループを素早く設定できます。
  • キーボードやマウスへのアクセスをブロックする「保護ロック」モードを使って、オンデマンドでシステムメンテナンスを開始できます。
  • Deep Freeze Enterprise ConsoleからRDPとVNCセッションを起動できます。
  • 独自の機能でEnterprise Consoleをカスタマイズできます。
  • 管理されたワークステーション上のソフトウェアをリモートで展開、実行、コントロールできます。
  • Faronics Coreを使って、スケジュールされたアクションを「アクティブ」に保ち、オフラインのワークステーションを確実に更新できます。
  • Faronics Coreを使って、ダイナミックグループを擁するワークステーションを管理、ワークステーショングループでアクションを実行、ワークステーションのアクティビティステータスを表示、さらにオフラインのワークステーションをウェブからリモートで回復できます。

カスタマイズ可能な設定オプション
カスタマイズ可能な設定により、お使いの環境でのDeep Freezeの設定が容易に行えます。
  • Configuration Administratorを使って、複数のパスワードの指定、保護状態にするドライブの選択、データ保存のための非保護スペースの作成、ワークステーションタスクの作成、メンテナンスのスケジュール、高度なネットワークの設定などができます。
  • 異なる設定を含む複数のカスタマイズインストーラを作成できます。
  • 保護状態のドライブを事前に選択したり、選択的に固定ドライブを保護または非保護にできます。
  • 自動の再起動/シャットダウンをスケジュールすることができます。
  • Windowsの更新のインストールを自動化し、インストールが完了したら、保護状態で再起動またはシャットダウンされるようにできます。
  • インターネットやWSUSを使ったWindowsの更新の実行のため、またはカスタムバッチファイルを実行してその他のソフトウェアを更新するために、複数の非保護期間をスケジュールできます。
  • Deep Freezeを無効にすることなく、設定の変更をワークステーションに自動的に適用できます。

サードパーティ製品の展開と連携
いくつかのオプションを使って、Faronics Deep Freezeの展開を容易に行えます。
  • Microsoft SCCM、Dell KACE、Spice Works、Symantec Altirisなどの最も人気の高いデスクトップ管理システムから、内蔵されたコマンドラインインターフェイスを使ってDeep Freezeを管理できます。 統合ページを参照してください。
  • 容易な展開のオプションには、迅速なネットワーク展開のためのサイレントインストール、イメージングソリューションの一部としての展開またはEnterprise Consoleを使った展開があります。
  • マスターイメージの一部として、複数のワークステーションに展開するオプションを提供します。
  • リモート管理のためのDeep Freezeコマンドラインコントロールユーティリティを備えています。
  • Enterprise Consoleを使って他のプログラムと対話するために、XMLベースのDeep Freezeアクションファイルを作成、編集、ダウンロード、共有できます。

他のFaronicsソリューションとの統合
Deep Freezeは、Faronics Anti-Virus、Anti-Executable、Power Saveと併用することができます。
  • Deep Freezeは、Faronics Anti-Virus、Anti-Executable、Power Saveと併用することができます。
  • Faronics Anti-Virusにより、保護状態のワークステーションでマルウェア定義をシームレスに維持できます。
  • M非保護期間の使用により、その他のアンチウイルスソリューションのためのマルウェア定義を容易に維持できます。
  • IFaronics Anti-ExecutableとFaronics Power Saveを連携させて、Deep Freezeの非保護期間を検出できます。
  • または、Microsoft SCCM、Dell KACE、Spice Works、Symantec Altirisなどの最も人気の高いデスクトップ管理システムから、内蔵されたコマンドラインインターフェイスを使ってDeep Freezeを管理できます。 統合ページを参照してください。

自動メンテナンスと更新
Windowsの更新はDeep Freezeを使って容易に自動化できます。
  • コンピュータが保護状態になっている場合でも、自動的にWindowsの更新がダウンロードされます。
  • コンピュータが非保護状態になると、キャッシュ済みの更新としてより迅速にWindowsの更新が適用されます。
  • 更新が完了するとそれが検出され、自動的にコンピュータが保護状態に戻されるため、メンテナンス完了時間を設定する必要がなくなります。 ビデオを見る。
  • インターネットやWSUSを使ったWindowsの更新の実行のため、またはカスタムバッチファイルを実行してその他のソフトウェアを更新するために、複数の非保護期間をスケジュールできます。
  • Deep Freezeを無効にすることなく、Enterprise Consoleからメンテナンススケジュールを更新できます。

互換性と相互運用性オプション
Faronics Deep Freezeは、さまざなタイプのハードドライブおよび形式に対応し、複数の言語で提供されています。
  • マルチブート環境をサポートします。
  • マルチブート環境をサポートします。
  • Windows XP、Vista、7、8xをサポートします。
  • SSD、SCSI、ATA、SATA、IDEの各ハードドライブをサポートします。
  • FAT、FAT32、NTFS、ベーシックおよびダイナミックディスクをサポートします。
  • 6カ国語で提供されています。
 
Cloud
Deep Freeze Cloudは、Deep Freeze、WINSelect、およびその他のFaronicsソリューションが含まれるSaaS (Software as a Service)として提供されます。

オンプレミス
Deep Freeze Enterprise
企業向けに、展開と管理の一元化を可能にし、多数の設定オプション搭載しています。