教室から気を散らす要因を排除
教室から気を散らす要因を排除
教室内で使用される技術は、気を散らす多くの要因をもたらします。Faronics Insightでは、そういった気を散らす要因を取り除くことができます。教師はモニターに時間を費やすのではなく、教室をコントロールし、一番大切なことである授業に集中することができます。
教室内の学生の行動をモニターする

教室のモニター機能を使って、学生の行動を一目で確認できます。

共同作業を促進する

共同作業を促し、インタラクティブな授業を行うことで、学生の集中力を持続させます。

全体を見渡せる

集中管理により、複数のラボ、学校、ネットワークを管理する手間がなくなります。

気を散らす要因を排除

授業中に、教室内で学生の気を散らす原因となるゲーム、インスタントメッセージ、ウェブサーフィンなどに対処する必要がなくなります。

統制を取り戻す

集中管理されたコンピュータからFaronics Insightを使って、教室の学生全員に授業を行い、学生を助け、様子をモニターして、コミュニケーションが取れるため、教室の統制を取り戻すことができます。

学習効果を高める

学生はコンピュータセッションから直接助けを求めたり受けることができ、教師は授業の内容を素早く効果的に進めることができます。

知識の共有を推進する

教師の画面を学生や管理者と共有したり、学生が他の学生と画面を共有することができます。

シンプルで高度な技術を活用できる

ユーザーインターフェイスが教師の立場に立って設計されていることから、使い方の習得が簡単で、直観的に使用できます。


教室内の学生の行動をモニターする
  • 教室のモニター機能を使って、学生の行動を一目で確認できます。
  • 授業中に、特定のプログラムまたはインターネットへのアクセスをブロックし、学生を授業に集中させることができます。
  • 学生の画面の共有オプションを使って、教室内の学生が学習プロジェクトでどのようなことに取り組んでいるかを他の学生に見せることができます。
  • 学生がコンピュータを不適切に使用していることを見つけたら、その学生の画面のスナップショットを撮ることができます。

共同作業を促進する
  • 音声、チャット、ブロードキャスト機能を使って、新しい方法でコミュニケーションできます。
  • 共同作業を促し、インタラクティブな授業を行うことで、学生の集中力を持続させます。
  • 教師の画面または学生の画面を教室で共有することで、学生に実践的な学習体験を与えることができます。
  • 簡単な投票ツールを使って、学生に意思決定の機会を与えることができ、学生の理解度を把握するための従来のクリッカーシステムの代わりとなります。
  • 全学生のコンピュータで同時にアプリケーションやウェブサイトを即座に起動し、授業を素早く開始できます。

全体を見渡せる
  • 学生の画面、実行中のアプリケーション、およびインターネット履歴をモニターし、学生を授業に集中させます。
  • 集中管理により、複数のラボ、学校、ネットワークを管理する手間がなくなります。
  • 教師と学生にリモートサポートを提供したり、授業の中断を最小限に抑えたり、別のビルで行われている授業をサポートすることもできます。
  • 新しい無料のTech Consoleでさらに高度なコントロールが可能になります。これには、多くの基本的なデスクトップ管理ツールが搭載されており、在庫、資産、ソフトウェアの更新、セキュリティ、Faronics Deep Freezeのコントロールなどを難なくこなすことができます。

気を散らす要因を排除
  • 授業中に、教室内で学生の気を散らす原因となるゲーム、インスタントメッセージ、ウェブサーフィンなどに対処する必要がなくなります。
  • Insightによって、学生のコンピュータのモニターや管理が容易に行えます。学生の画面消去、音声のミュート、コンピュータのリモート操作をはじめ、学生のワークステーション上でアプリケーションとウェブアクティビティの起動、終了、ブロックなどができます。
  • 学生が課題に取り組んでいることを確認するために、教室のコンピュータ上で実行中のアプリケーションや、コンピュータのインターネット履歴をモニターすることができます。
  • ボタンをクリックするだけで、学生がUSBやCD/DVDドライブにアクセスすることを防ぎます。

統制を取り戻す
  • 集中管理されたコンピュータからFaronics Insightを使って、教室の学生全員に授業を行い、学生を助け、様子をモニターして、コミュニケーションが取れるため、教室の統制を取り戻すことができます。
  • すべての学生の行動をモニターし、気を散らす要因を取り除くために奮闘する必要がありません。ウェブ、アプリケーション、印刷、ドライブの制限機能により、気を散らす要因を簡単に取り除くことができます。
  • 学生の画面を空白にしたり、キーボードとマウスをロックすることにより、ベルが鳴るとともに学生の注意を求め、問題なく授業を開始することができます。

学習効果を高める
  • 学生はコンピュータセッションから直接助けを求めたり受けることができ、教師は授業の内容を素早く効果的に進めることができます。
  • 1対1で学生を助けることができるため、授業を中断したり、他の学生の邪魔になりません。
  • 学生のコンピュータを通じて、効率的かつ効果的に学生とのやり取りが可能です。
  • リアルタイムでコミュニケーションできるため、教師は教室を協力的な雰囲気にし、対話や共同作業を通じて学習が達成できます。

知識の共有を推進する
  • 教師の画面を学生や管理者と共有したり、学生が他の学生と画面を共有することができます。
  • 教師は教育技術と学生の注意力をコントロールできるため、対話や共同作業を通じて学習が達成される雰囲気を作り、授業の効果を高めることができます。
  • 教師は1つの集中管理されるコンソールから、ファイルの配布や回収、メッセージの学生への送信、教室内での投票などが可能になり、コミュニケーションの効率が高まるだけでなく、授業への学生の集中力が保たれます。また、学生がアクセスできるアプリケーションとウェブサイトを制限することもできます。

シンプルで高度な技術を活用できる
  • ユーザーインターフェイスが教師の立場に立って設計されていることから、使い方の習得が簡単で、直観的に使用できます。
  • Faronics Insightを数分使用するだけで、ソフトウェアの動作と利用可能な機能に慣れることができます。
  • 競合製品では多くのことが求められますが、Insightでは学習曲線もネットワークの帯域幅要件も必要ありません。そのため、InsightはIT担当者にとても人気がある製品です。
  • 使いやすい教育製品を展開できます。ヘルプデスクへのリクエストも必要なく、ネットワークトラフィックのスピードが低下することもありません。
 
学生の達成度につながる技術
学生の達成度につながる技術
Faronics Insightを使うと、教師は1台のコンピュータから、教室の学生全員に授業を行い、学生の様子をモニターして、学生とコミュニケーションが取れます。
Teacher Concole

教室のモニター機能を使って、学生の行動を一目で確認できます。

教師の画面を表示

教室の全学生に教師の画面を見せたり、音声を聞かせることができます。

学生の画面を表示

問題に対する創造的なソリューションを示したり、また単にリアルタイムできれいな写真を見せるために、特定の学生の画面を教室の学生全員に表示することができます。

すべての学生を表示

学生の行動をチェックするために、Teacher Consoleから各学生の画面をリアルタイムで一目で確認できます。

リモートコントロール

リモートコントロールで、質問のある学生を支援したり、キーボードとマウスの付いた学生のコンピュータを制御できます。

メッセージの送信

音声チャットを使って学生とコミュニケーションをとったり、学生の話を聞いたり、すべての学生または一部の学生に音声を放送できます。

画面の消去

すべての学生の画面を消去し、キーボードとマウスを無効にすることで、コンピュータで遊んでいる集中力を欠いた学生の注意を引いて、授業を行えます。

学力テストモード

新しい学力テストモードを使って学生が学力テストを受ける際に、教師は学生のコンピュータをロックされた安全なモードにすることができます。

テスト

グラフィックを含む、○×式、多項選択式、短い質問や論文などの問題を作成し、コンピュータで試験して採点できます。

投票

はい・いいえで答えられる質問、または多項選択式の質問をして、学生が概念を理解したかどうかを簡単に把握できます。

ネットワークの不正使用防止

ネットワークの不正使用防止機能とともにSSID制限を使って、ワイヤレスの不正使用を防止し、校内で必須ワイヤレスネットワークが利用可能の場合に、学生がそのネットワークにのみ接続することを確かにします。

ウェブの制限

IPアドレスを使ってウェブサイトの閲覧をブロックしたり、学生に許可されたウェブサイトのリストをオプションで表示できます。

アプリケーションの制限

学生が各自のコンピュータで実行できるアプリケーションを簡単に指定できます。

印刷の制限

プリンタがローカルであるか、共有であるか、ネットワーク接続されているかに関係なく、すべての学生または一部の学生のプリンタを一時的に無効にできます。

電源オプション

効率的な管理のために、電源管理機能を簡単に使用できます。

クラスリスト

クラスリストを作成し、そのリストの学生を自動的にInsightの教室に加えることができます。

共同の閲覧とプログラムの実行

全学生のコンピュータで同時にアプリケーションやウェブサイトを即座に起動し、授業を素早く開始できます。

セキュアモード

Active Directoryとパスワード保護セキュアモードを使って、セキュリティを二重にし、Teacher Consoleへの無許可のアクセスを制限します。

学生の画面のスナップショット

学生がコンピュータを不適切に使用していることを見つけたら、その学生の画面のスナップショットを撮ることができます。

Tech Console

新しい無料のTech Consoleでさらに高度なコントロールが可能になります。これには、多くの基本的なデスクトップ管理ツールが搭載されており、在庫、資産、ソフトウェアの更新、セキュリティ、Faronics Deep Freezeのコントロールなどを難なくこなすことができます。


Teacher Concole
Screenshots:
  • 教室のモニター機能を使って、学生の行動を一目で確認できます。
  • 鮮明なハイカラーで学生のサムネイルを同時に最大3000個表示できます。このサムネイルには4つのサイズがあり、最適な表示にするため、および教室のレイアウトに基づいて、自動的にサイズが変更されます。
  • リモートコントロールで、質問のある学生を支援したり、キーボードとマウスの付いた学生のコンピュータを制御できます。
  • 教室の全学生に教師の画面を見せたり、音声を聞かせることができます。
  • 学生の画面の共有オプションを使って、教室内の学生が学習プロジェクトでどのようなことに取り組んでいるかを他の学生に見せることができます。

教師の画面を表示
Screenshots:
  • 教室の全学生に教師の画面を見せたり、音声を聞かせることができます。
  • 全画面表示またはウィンドウ表示モードのいずれかを選択して、全学生の画面に表示することができます。さらに、キーボードを無効にしたり、ウィンドウに教師の画面を表示することもできます。
  • 教師の画面または学生の画面を教室で共有することで、学生に実践的な学習体験を与えることができます。

学生の画面を表示
Screenshots:
  • 問題に対する創造的なソリューションを示したり、また単にリアルタイムできれいな写真を見せるために、特定の学生の画面を教室の学生全員に表示することができます。
  • 学生の画面の共有オプションを使って、教室内の学生が学習プロジェクトでどのようなことに取り組んでいるかを他の学生に見せることができます。
  • 教師の画面または学生の画面を教室で共有することで、学生に実践的な学習体験を与えることができます。

すべての学生を表示
Screenshots:
  • 学生の行動をチェックするために、Teacher Consoleから各学生の画面をリアルタイムで一目で確認できます。
  • 鮮明なハイカラーで学生のサムネイルを同時に最大3000個表示できます。このサムネイルには4つのサイズがあり、最適な表示にするため、および教室のレイアウトに基づいて、自動的にサイズが変更されます。
  • ログイン中の学生、現在のアプリケーション、最後に閲覧したウェブサイト、最後の質問、チャンネル番号、ソフトウェアのバージョンなど、コンピュータの詳細を素早く確認できます。
  • 教師は、さまざまな学生の画面を入れ替えることで、学生の画面を大きく表示してモニターできます。

リモートコントロール
Screenshots:
  • リモートコントロールで、質問のある学生を支援したり、キーボードとマウスの付いた学生のコンピュータを制御できます。
  • 学生はコンピュータセッションから直接助けを求めたり受けることができ、教師は授業の内容を素早く効果的に進めることができます。
  • 1対1で学生を助けることができるため、授業を中断したり、他の学生の邪魔になりません。
  • 学生のコンピュータを通じて、効率的かつ効果的に学生とのやり取りが可能です。

メッセージの送信
Screenshots:
  • 音声チャットを使って学生とコミュニケーションをとったり、学生の話を聞いたり、すべての学生または一部の学生に音声を放送できます。
  • 一部またはすべての学生にメッセージを送信したり、集中力を欠いている学生を授業に集中させる効果的な方法として使用できます。
  • 信頼できる簡単なコミュニケーション方法を使って、教室内の学生の気を散らすことなく、特定の学生とチャットできます。
  • 学生たちの共同作業を助けるために、グループチャットを開始して維持できます。
  • チャットセッションを通じて学生の質問に答えたり、応答することで、学生を支援したり、目立ちたくないという学生の気持ちを尊重できます。

画面の消去
Screenshots:
  • すべての学生の画面を消去し、キーボードとマウスを無効にすることで、コンピュータで遊んでいる集中力を欠いた学生の注意を引いて、授業を行えます。
  • Insightによって、学生のコンピュータのモニターが容易に行えます。学生の画面消去、音声のミュート、コンピュータのリモート操作をはじめ、学生のワークステーション上でアプリケーションとウェブアクティビティの起動、終了、ブロックなどができます。

学力テストモード
Screenshots:
  • 新しい学力テストモードを使って学生が学力テストを受ける際に、教師は学生のコンピュータをロックされた安全なモードにすることができます。
  • 学生がテストから退出することを制限したり、受信メッセージをブロックしたり、無許可のウェブサイトやアプリケーションの使用を防ぐことができます。
  • CCSSIやPARCCなどのテスト要件に応じて管理されているものを含め、学力テストに準拠できます。

テスト
Screenshots:
  • グラフィックを含む、○×式、多項選択式、短い質問や論文などの問題を作成し、コンピュータで試験して採点できます。
  • オンラインの学力テストを実施し、デジタル学習全般を強化します。
  • テストが学生に配布されたあと、学生のテストの進行状況をリアルタイムで確認できます
  • Test Builderアプリケーションを使って、テストをオフラインで作成できます。

投票
Screenshots:
  • はい・いいえで答えられる質問、または多項選択式の質問をして、学生が概念を理解したかどうかを簡単に把握できます。
  • 質問することが楽しいと学生に思わせることができます。ランダムに学生を選ぶことで、学生はその音と、自分が選ばれるかどうかというハラハラした状態を楽しむことができます。
  • 結果を電子形式の成績表にエクスポートできるため、試験を実施して採点するための時間を大幅に短縮できます。

ネットワークの不正使用防止
Screenshots:
  • ネットワークの不正使用防止機能とともにSSID制限を使って、ワイヤレスの不正使用を防止し、校内で必須ワイヤレスネットワークが利用可能の場合に、学生がそのネットワークにのみ接続することを確かにします。
  • すべての学生の行動をモニターし、気を散らす要因を取り除くために奮闘する必要がありません。ウェブ、アプリケーション、印刷、ドライブの制限機能により、気を散らす要因を簡単に取り除くことができます。

ウェブの制限
Screenshots:
  • IPアドレスを使ってウェブサイトの閲覧をブロックしたり、学生に許可されたウェブサイトのリストをオプションで表示できます。
  • アプリケーションとウェブを制限して、学生のやる気を正しい方向にむけ、学習体験を高めることができます。
  • 授業中に、教室内で学生の気を散らす原因となるゲーム、インスタントメッセージ、ウェブサーフィンなどに対処する必要がなくなります。

アプリケーションの制限
Screenshots:
  • 学生が各自のコンピュータで実行できるアプリケーションを簡単に指定できます。
  • 実行中のアプリケーションを表示して、学生のコンピュータでアクティブになっている全アプリケーションのリストを確認できます。オプションで、許可されたアプリケーションリストまたはブロックされたアプリケーションリストに追加できます。
  • [デスクトップの消去]ボタンを使って、実行中のすべてのアプリケーションを即座に中止することができます。

印刷の制限
Screenshots:
  • プリンタがローカルであるか、共有であるか、ネットワーク接続されているかに関係なく、すべての学生または一部の学生のプリンタを一時的に無効にできます。

電源オプション
Screenshots:
  • 効率的な管理のために、電源管理機能を簡単に使用できます。
  • 教師のコンソールからリモートで学生のコンピュータをシャットダウン、再起動、ログオフできます。
  • 組み込まれたWake-On-LAN (WOL)技術を使って、学生のコンピュータの電源を入れることができます。

クラスリスト
Screenshots:
  • クラスリストを作成し、そのリストの学生を自動的にInsightの教室に加えることができます。
  • BYOD (自分のデバイスを持ってくる)の必要がなくなり、1:1バージョンを使用していると、授業を素早く開始できます。
  • 学生情報システムから.csvファイルを共有の場所にエクスポートして、自動的にクラスリストを作成できます。

共同の閲覧とプログラムの実行
Screenshots:
  • 全学生のコンピュータで同時にアプリケーションやウェブサイトを即座に起動し、授業を素早く開始できます。
  • すべての学生のコンピュータで同時に同じウェブサイトを起動できます。

学生の画面のスナップショット
Screenshots:
  • 学生がコンピュータを不適切に使用していることを見つけたら、その学生の画面のスナップショットを撮ることができます。

セキュアモード
Screenshots:
  • Active Directoryとパスワード保護セキュアモードを使って、セキュリティを二重にし、Teacher Consoleへの無許可のアクセスを制限します。
  • セキュリティモニターユーティリティを使って、教室で「適切な使用に関するポリシー」に違反している学生を素早く見つけることができます。
  • 学生の画面を空白にしたり、キーボードとマウスをロックすることにより、ベルが鳴るとともに学生の注意を求め、問題なく授業を開始することができます。

Tech Console
Screenshots:
  • 新しい無料のTech Consoleでさらに高度なコントロールが可能になります。これには、多くの基本的なデスクトップ管理ツールが搭載されており、在庫、資産、ソフトウェアの更新、セキュリティ、Faronics Deep Freezeのコントロールなどを難なくこなすことができます。
  • 教師キオスクモードを使うことで、Teacher Consoleの実行中に最小化されたり、終了されたりすることを防ぎます。
  • 学生のWindowsまたはNovellのログイン名を表示します。学生のコンピュータでNetWareのクライアントソフトウェアを使用している場合、Microsoftログイン名の代わりにNetWareログイン名を使用するようにInsightを設定できます。
  • 教師はキャンパスのIT担当者と直接連絡が取れるため、簡単な質問に対してITチケットを発行する手間が省けます。
 
Insightにより、ITを利用しやすい教室管理
コンピュータを使った学習環境の管理はIT担当者にとって非常に骨の折れる仕事でした。

これからは手間がかかりません!Insightに追加された新しいTech Consoleのおかげで、IT担当者は少ない手間でより多くのことが成し遂げられます。
Insightにより、ITを利用しやすい教室管理
Tech Console

IT担当者として、コンピュータベースの学習環境を容易に管理できます。

Faronics Deep Freezeの集中管理

Tech Consoleを使って、サポートされたコンピュータ上のDeep Freezeの設定を集中管理できます。

ソフトウェアとハードウェアの在庫

学生のコンピュータのハードウェアコンポーネントとインストールされたソフトウェアを確認できます。

アプリケーションとウェブの使用状況

学生別またはコンピュータ別にウェブサイトの閲覧とアプリケーションの使用状況に関するレポートを作成できます。

健全性とセキュリティ

MicrosoftとAppleのそれぞれのオペレーティングシステムに対する推奨事項に基づいてコンピュータの健全性を確認できます。

リモートコントロール

IT関連の問題に対応するために、学生や教師のコンピュータを効率的かつ効果的に操作できます。

電源管理

学生と教師のコンピュータの電源設定の確認や変更ができます。

リモートインストール

リモート操作により、学生のコンピュータにソフトウェアパッケージを配布してインストールできます。


Tech Console
  • IT担当者として、コンピュータベースの学習環境を容易に管理できます。
  • ハードウェアとソフトウェアの在庫把握、最新状態の維持、セキュリティリスクのモニター、教師への効率的なサポートの提供、節電、技術使用状況のレポート作成などができます。
  • 教師と学生にリモートからサポートを提供したり、デスクを離れることなく、一般的なデスクトップ管理作業を実行できます。
  • 教師はキャンパスのIT担当者と直接連絡が取れるため、簡単な質問に対してITチケットを発行する手間が省けます。

Faronics Deep Freezeの集中管理
  • Tech Consoleを使って、サポートされたコンピュータ上のDeep Freezeの設定を集中管理できます。
  • 保護状態または非保護状態などのDeep Freezeの状態を把握したり、必要に応じてDeep Freezeの状態を変更できます。
  • Deep Freezeのコマンドライン管理インターフェイスを活用して、オンデマンドで操作を実行したり、リモートから設定を変更できます。
  • 共有されているコンピュータを設定するために、Deep Freezeを使った希望の状態の保護など、高度なオプションを活用できます。

ソフトウェアとハードウェアの在庫
  • 学生のコンピュータのハードウェアコンポーネントとインストールされたソフトウェアを確認できます。
  • 何台のデバイスに特定のアプリケーションがインストールされているか、何台のコンピュータで特定のオペレーティングシステムが実行されているかなど、概要を確認できます。
  • ボタンをクリックするだけで、学生がUSBやCD/DVDドライブにアクセスすることを防ぎます

アプリケーションとウェブの使用状況
  • 学生別またはコンピュータ別にウェブサイトの閲覧とアプリケーションの使用状況に関するレポートを作成できます。
  • 収集した情報を使って、教室単位で技術使用状況の記録と分析ができます。
  • インターネット履歴の表示機能を使って、特定の学生が閲覧したすべてのウェブサイトをリストにすることができます。

健全性とセキュリティ
  • MicrosoftとAppleのそれぞれのオペレーティングシステムに対する推奨事項に基づいてコンピュータの健全性を確認できます。
  • お使いの環境で「健全な状態のコンピュータ」の定義を設定できます。
  • 1つのカテゴリーが健全な定義に一致しない場合でも、色分けしたシールドを使って通知が行われます。
  • 何台のデバイスに特定のアプリケーションがインストールされているか、何台のコンピュータで特定のオペレーティングシステムが実行されているかなど、概要を確認できます。
  • 学生と教師のコンピュータのファイアウォール、Anti-Virus、UACの状況を把握できます

リモートコントロール
  • IT関連の問題に対応するために、学生や教師のコンピュータを効率的かつ効果的に操作できます。
  • 質問のある学生を支援したり、キーボードとマウスの付いた学生のコンピュータを制御できます。
  • 学生はコンピュータセッションから直接助けを求めたり受けることができ、教師は授業の内容を素早く効果的に進めることができます。
  • 1対1で学生を助けることができるため、授業を中断したり、他の学生の邪魔になりません。

電源管理
  • 学生と教師のコンピュータの電源設定の確認や変更ができます。
  • 現在のバッテリの状況を確認したり、使用中の電源設定を制御できます。
  • ノートPCのバッテリの状況をモニターし、残量が特定の値を下回ったら、通知を受けることができます。
  • 別の設定を選択したり、既存の設定を調節することで、コンソールから電源設定を変更できます。
  • Wake-On-LAN技術を活用して、すべてのPCの電源を入れることができます。

リモートインストール
  • リモート操作により、学生のコンピュータにソフトウェアパッケージを配布してインストールできます。
  • 1つのコンソールを使って、WindowsまたはMacを搭載したコンピュータで展開できます。
  • 展開するパッケージを参照して選択し、パッケージが理解する関連コマンドラインオプションを追加できます。
  • ファイルをダウンロードしてからインストールされるまでの間、インストール状況を最初から最後までリアルタイムで確認できます。
 
クロスプラットフォームのサポート
Faronics Insightは、Windows、Mac、Chromebook、Linux、iOS、Androidなどのオペレーティングシステムおよびデバイスに対応しています。教師のコンピュータはWindowsまたはMacのいずれでも可能で、サポートされたさまざまなオペレーティングシステムを使用する学生のコンピュータを管理できます。

Windows

– Windows 10 (32ビット/ 64ビット)
– Windows 8.1 (32ビット/ 64ビット)
– Windows 7 (32ビット/ 64ビット)
– Windows Vista (32ビット/ 64ビット)
– Windows XP (32ビット/ 64ビット)
– Windows 2008 Terminal Server
– Windows MultiPoint Server

ハードウェア
– 512 MBのRAM
– プロセッサ: 166 Mhz Intel Pentium

Mac

– Mac OS X v10.11 (El Capitan)
– Mac OS X v10.10 (Yosemite)
– Mac OS X v10.9 (Mavericks)
– Mac OS X v10.8 (Mountain Lion)
– Mac OS X v10.7 (Lion)

ハードウェア
– 512 MBのRAM
– プロセッサ: 64ビットIntelベースのMac

iOS

Apple iPad、iPod、iPhone
– iOS 9
– iOS 8
– iOS 7

Android

– Android 6.0 (Marshmallow)
– Android 5.1 (Lollipop)
– Android 4.4 (Kit-Kat)
– Android 4.3 (Jelly Bean)
– Android 4.0 (Ice Cream Sandwich)

Chromebook

– Chrome OS v33以降

ハードウェア
– プロセッサ: IntelおよびARMベース

その他のプラットフォーム

Linux Ubuntu
– Ubuntu v11 (32ビット/64ビット)
– Ubuntu v12 (32ビット/64ビット)

NComputing
– LおよびMシリーズ
– Xシリーズ
– Uシリーズ

言語

英語 フランス語 ドイツ語 スペイン語 ポルトガル語 中国語 日本語
Windows Teacher Console/td>

Windows Student
Windows Multipoint Server
Windows Terminal Server
Mac Teacher Console
Mac Student
Tech Console
Linux Student
iOS Teacher Assistant
iOS Student
Android Student

技術的な利点

少ないネットワーク帯域幅

Insightに必要な帯域幅は、競合製品が使用する帯域幅の5%から20%です。教師の画面を表示している間、Insightでは約24 KB/秒が使用されます。サムネイルのモニターに必要なのは10 KB/秒未満です。Insightではブロードキャストまたはマルチキャストパケットを使用するため、2台のコンピュータを制御するために必要な帯域幅は、250台のコンピュータに必要な帯域幅に近いものです。他の製品の帯域幅要件は、モニターするコンピュータが1台増えるたびに増加します。

信頼性

Insightはソフトウェアを無効にして学生が授業の邪魔をすることを防ぎます。ネットワークが切断され、サービスが自動的に再開し、レジストリーキーが変更されないよう保護されると、学生はセッションに戻ることができます。競合製品は知識のある学生により数分で無効にされます。

セキュリティ

学生が許可なくTeacher Consoleを使用しているという疑いがある場合、セキュリティモニターツールで素早くその学生を特定できます。すべてのInsightアクティビティがログファイルに記録されます。「セキュア」バージョンのInsightもあり、そのバージョンでは教師がコンソールを開くときにパスワードが求められます。

サブネットおよびVLANとの動作

Insightはマルチキャストおよびディレクテッドブロードキャスト技術を使って、サブネットとVLANで動作します。ポート796が必要な唯一のポートです。

少ないプロセッサとメモリー要件/strong>

Insightに必要なのは、クライアントのプロセッサの約4%および約8 MBのメモリーのみです。

優れたサポートポリシー

Insightでは無料の電話サポートと電子メールサポートを受けられます。

Faronics Support

こちらに関する質問ございますか? Insight?
お電話ください +1-604-637-3333 又は 営業担当に連絡.
トラブルシューティング サポートポータル FA Q の回答.