Anti-Executable Slide Mockup

サーバは組織のバックボーンです。ネットワークは重要なアプリケーションの保存や組織全体での共有をこれらに依存しています。1台のサーバが改ざんされれば、それによりネットワーク全体がダウンし、業務に大混乱を引き起こしかねません。シンプルなアプリケーションコントロール型ソリューションのFaronics Anti-Executableでサーバを保護してネットワークを守りましょう。

承認されたアプリケーションだけサーバ上での実行を認めることにより、Anti-Executableはマルウェアを寄せ付けません。不要なもの、未知のもの、あるいは悪質なものも、不正ファイルは絶対に実行できません。インストールは簡単で、メモリもほとんど消費しません。インストールすれば自動的にサーバをスキャンしてコントロールリストにデータを蓄積します。コントロールリストの管理は簡単で、アップデートも瞬時に行われます。

これでネットワークが常に保護されているという安心感を得ることができます。これからは眠れない夜も、早朝の携帯電話への緊急連絡もありません。サーバに巧妙なマルウェアが攻撃を仕掛けてきてデータが消えることもありません。Faronics Anti-Executableがあれば、セキュリティの改善によりリラックスすることができ、安心感が得られます。

  • 地域の安全を守る

ロサンゼルス警察のパトロールカーに搭載されるノートPCにはITのサポートを必要とするものが多数ありました。ノートPCは警察官が地域の安全を守るために絶対不可欠な情報への接続手段を提供しています。ノートPCが故障すれば警察官がマシンのトラブルシューティングに時間を割かれたり、パトロールカーが出動できなくなってしまいます。Anti-Executableが現場に出れば、IT管理者に頼らずに安全を確保したままモバイルノートPCを利用することができます。これで地域を24時間無休で守るために必要なツールが警察官の手に入るのです。

  • 学校では1カ月あたり20時間を節約

ノースカントリー短期大学は、不正ダウンロードに常に利用規定を適用しようとするため、作業場のコンピュータが増えすぎるという問題に直面していました。しかし、Faronics Anti-Executableをインストールした同大学では、マルウェアや望ましくないプログラムが校内のマシン上で動作しようとする心配が無用になりました。実際、ユーザが常に利用可能になっただけでなく、IT担当部門もサポートの依頼が激減して毎月20時間近くを節約できるようになりました。

  • プライバシーと資産を守る

RTP Federal Credit Unionは、組合員の金融資産を守るために社員のセキュリティ強化に関する問題を抱えていました。数千件の金銭取引を行うにあたりデータセキュリティは最優先事項であり、情報漏えいがあっては評判が大きく損なわれてしまいます。そこでRTPは、顧客保護の事前対策に関する支援をFaronics Anti-Executableに求めてきました。これが利用規程の適用のほか、マルウェア関連事件やITへのサポート依頼の件数削減へとつながり、業界のコンプライアンス準拠にも役立ちました。

  • 自動スキャニングにより、初めてでも短時間で使い始めることができます。インストレーション直後に自動的にコンピュータをスキャンしてコントロールリストにデータを蓄積することでセットアップ時間を大幅に節約することができます。また、ファイルをチェックし、保護機能を有効にする前にコンピュータがクリーンであることも確認できます。
  • Trusted Publisher機能があればアップデートの管理が簡単です。ウイルス対策ソリューションのような特定のアプリケーションを選択して処理対象を除外することができます。つまり、ソフトウェアアップデートがダウンロードされても手元のマシン上でブロックされず、自動的に実行されるようになります。
  • IdentiFile™データベースと照合してファイルをチェックします。特定のプログラムの信頼性に疑問がわいても、オンラインデータベースでチェックするだけです。膨大な数のハッシュが格納された最新の素晴らしい情報源は自分の組織の安全確保に役立つことでしょう。もし自分のァイルがまだ未登録ならば、率先してそれを登録し、世界中のユーザの役に立ちましょう。

機能一覧はオンライン表示もしくはダウンロード可能なPDFを参照して下さい。

システム要件

Faronics Anti-Executableは32ビットエディションのWindows XP SP3と64ビットエディションのWindows XP SP2、32/64ビットエディションのWindows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Vista、そしてWindows 7にインストール可能です。Faronics Coreのシステム要件はFaronics Coreガイドを参照して下さい。ハードウェア仕様はこれらのホストOSと同じになっています。また、スタンドアロンコンピュータ用とネットワーク接続されたエンタープライズコンピュータ用の2種類が用意されています。

無償提供されるFaronics Anti-Executableダッシュボードを使えば組織全体におけるアプリケーションコントロールの実施状況や違反情報がウェブブラウザ内でビジュアル化され、Anti-Executable Enterpriseの価値が大きく高まります。

情報を一カ所に集めることで、オンデマンドでレポートを生成できるようITスタッフが情報利用者にITシステムを専有させる必要はなくなります。

Anti-Executableダッシュボードには、アプリケーションコントロールの各側面を見極められるようにするカスタムウィジェットが搭載されています。

直近の違反、最多ブロックプログラム、最多違反コンピュータ、違反ステータス、およびグラフといった情報が1ページに表示できるようになります。どのウィジェットもクリックすれば詳細なレポートを表示し、それをプリントしたり、Excelやテキストなどの各種フォーマットに書き出すこともできます。

Anti-Executable Dashboardのダウンロードはこちら

ダッシュボードの詳しいインストール方法と使い方はダッシュボードのマニュアルを参照下さい。

Faronics Support

こちらに関する質問ございますか? Anti-Executable Server?
お電話ください +1-604-637-3333 又は 営業担当に連絡.
トラブルシューティング サポートポータル FA Q の回答.